クラブニュース

クラブニュース

2020 全日本インカレ2部団体総合優勝! 個人総合は1年生エース近江奎太が優勝!

第74回全日本学生体操選手権大会において、2部団体総合で2位に大差をつけての優勝となりました。今年はコロナ禍で全国的に不安定な状況における大会の開催ということで、1部と2部の入れ替えをしないという特別措置がとられており、残念ながら1部復帰となりませんでしたが、個人総合でも1年生エースの近江奎太が優勝、4年生の主将、上田颯が準優勝、3年生の田中久嗣が6位入賞となりました。さらに種目別においても、近江があん馬で優勝、田中が平行棒と鉄棒で優勝し、近年の強化策の成果と大体大の勢いを十分にアピールできる結果となりました。

At the 74th Inter-College Championships, Team OUHS came first on the second stage with a big gap from the second. It was unfortunate, due to the part of special rules related to Covid-19 pandemic, that there was no chance for up-stage nor down-stage between the 1st stage and the 2nd stage this year.  However, the competition results, including winning the all-around title by Keita Oomi and several titles on event finals, was enough for appealing the recent improvement and upward momentum of Team OUHS!

結果
2部団体総合
2部個人総合(上位63名)
2部個人種目別