クラブ紹介

クラブ紹介

クラブ理念

クラブ理念

本学の精神と武道の精神は同じ。
礼儀・礼節・感謝など人間性の育成を重んじる

行動指針

1 人として、学生として、挨拶をしっかりとする。
2 感謝の気持ちをもって人に接する
3 武道の精神に則った礼儀を重んじる
4 目標を設定し、達成に向けて努力する
5 指示待ちではなく自身で考え競技に望む

部長・監督・コーチ・スタッフ

部長・監督・コーチ・スタッフ

部長
工藤 俊郎
TOSHIO KUDO

本学体育学部教授。1956年生まれ。京都大学文学部および同大学院文学研究科心理学専攻博士前期課程終了後本学体育学部に奉職。現在に至る。研究領域は知覚・認知心理学。1997年4月から大阪体育大学剣道部(男女)部長。
大学では教養教育センターに所属し,教養教育科目(一般教育科目の心理学,基礎教育科目の英語,日本語技法など)および教職教養科目を担当している。

総監督
神﨑 浩
HIROSHI KANZAKI

神﨑 浩
本学体育学部教授。1960年35年 8月10日生まれ、宮崎県延岡市出身。筑波大学体育専門学群卒業後、筑波大学大学院体育研究科 修了。本学助手を経て、その後専任講師、助教授となり平成2005年より現職。競技者としては全日本学生剣道優勝大会優勝、全国教職員剣道大会優勝、全国都道府県対抗剣道優勝大会優勝(3回)などを獲得。指導者としては全日本学生剣道優勝大会優勝(2回)、全日本学生剣道選手権大会 優勝、第14回世界剣道選手権大会女子団体・個人優勝などの実績がある。現在は大阪武道学会理事、大阪学校剣道連盟理事長、大阪府剣道連盟理事、関西学生剣道連盟理事などを務めている。2010年には「文部科学大臣スポーツ功労者顕彰及び国際競技大会優秀者表彰」を受賞。 

監督
村上 雷多
RAITA MURAKAMI

村上 雷多
本学体育学部講師。1989年12月15日生まれ。筑波大学体育専門学群卒業後、同大学院を修了し、2014年から大阪体育大学男子監督に就任。体育学部 スポーツ教育学科所属。
担当授業:剣道IA、武道論、コーチング法など。剣道場で学生と剣を交えるときは常に真剣勝負。反省、準備力、行動の徹底を心掛けている。剣道五段 赴任1年目から剣道部男子監督を任され、学生と二人三脚で歩んできた村上講師。自身も現役剣士として、日本代表候補に選ばれるなど日々研鑽を積む。その経験を学生にも余すことなく伝え2016年にはチームを13年ぶりの日本一へと導いた。

コーチ
土屋 裕睦
HIRONOBU TSUCHIYA

土屋 裕睦
本学体育学部教授。学長補佐。1964年岐阜県生まれ。
筑波大学大学院修了後、中華人民共和国復旦大学へ留学。帰国後、筑波大学文部技官、助手を経て現職。博士(体育科学)。
本学学生相談室でスポーツカウンセラーを担当する他、プロスポーツチームや社会人、さらに日本代表チームにてメンタルトレーニング指導を担当。日本オリンピック委員会科学サポート部門員、文部科学省「スポーツ指導者の資質能力向上のための有識者会議」委員、日本スポーツ心理学会理事・資格委員長等を歴任。剣道部では主に心理サポートやメンタルトレーニング指導を通じて本番での実力発揮の支援を行なっている。日本スポーツ心理学会認定スポーツメンタルトレーニング上級指導士。

副将・主務
今中 楓
KAEDE IMANAKA

今中 颯
学部学科:体育学部スポーツ教育学科
出身校:山口県新南陽高校
身長体重:171cm 77kg
プレースタイル:攻め勝つ
尊敬する選手/人物:野村克也
好きな言葉/座右の銘:継続は力なり
主な戦績:オープン大会ベスト8
一言:ラスト1年悔いのないように

監督のことば

監督のことば

剣道の教えを理解し人格の形成が基。一つひとつのクリアが日本一へと繋がる

目標日本一と言葉で言うのは簡単です。その目標を達成するためには、どういった努力が必要で、どういった精神力が必要なのか。大学で強くなるためには何事に対しても「考える力」の差が左右すると思います。考える力が備わってくると視野は大きく広がり、技術向上はもちろん、武道の精神に対する理解であったり、他人に対する感謝の心であったり、道具や環境に対する気配りといった人間性の形成にも繋がってきます。つまり、強い選手への近道は、人間性においても素晴らしい人物であることだという持論をもっています。自身が高い目標を掲げるのであれば、それを逆算し、技術だけでは至らない精神力においても成長していって欲しい。その延長線上に、学生日本一という栄冠があるはずです。本学の剣道部においては、そうした自己分析と共に、それを達成するという強い信念をもった学生を育てていきたいと思っています。

概要・沿革

概要・沿革

クラブ概要

名称 大阪体育大学学友会剣道部(男子)
創部 1965(昭和40)年4月
所属 関西学生剣道連盟(1部)
所在地 〒590-0496 大阪府泉南郡熊取町朝代台1-1 大阪体育大学内
所属部員数 46名(2019年4月現在)

 

沿革

1965年創部
1968年西日本学生剣道優勝大会初出場(団体)
1970年全日本学生剣道選手権初出場 中村 雄一
1973年関西学生剣道優勝大会準優勝(団体)
1974年西日本学生剣道優勝大会準優勝(団体)
1975年関西学生剣道選手権準優勝 河内 泰之
1976年関西学生剣道優勝大会3位(団体)
1976年関西学生剣道選手権準優勝 豊田 稔、3位 本田 耕司
1977年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
1979年西日本学生剣道優勝大会優勝(団体)
1979年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
1979年関西学生剣道選手権準優勝 平田 肇
1980年全日本学生剣道優勝大会準優勝(団体)
1980年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
1980年関西学生剣道選手権大会優勝 町田 博信、3位 石田 利也
1981年西日本学生剣道優勝大会準優勝(団体)
1981年関西学生剣道優勝大会3位(団体)
1981年関西学生剣道選手権大会準優勝 平田 肇
1982年全日本学生剣道優勝大会(団体)
1982年西日本学生剣道優勝大会順優勝(団体)
1982年関西学生剣道選手権大会3位 岡本 浩行
1983年西日本学生剣道優勝大会準優勝(団体)
1983年関西学生剣道優勝大会準優勝(団体)
1983年全日本学生剣道選手権優勝 石田 利也
1983年関西学生剣道優選手権大会優勝 石田 利也
1984年全日本学生剣道優勝大会3位(団体)
1984年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
1985年西日本学生剣道優勝大会優勝(団体)
1985年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
1985年全日本学生剣道選手権3位 平野 誠司
1985年関西学生剣道選手権大会優勝 平野 誠司、3位 後藤 秀則・石田 洋二
1986年全日本学生剣道優勝大会準優勝(団体)
1986年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
1986年全日本学生剣道選手権3位 町田 俊之
1986年関西学生剣道選手権大会優勝 石田 洋二
1987年西日本学生剣道優勝大会優勝(団体)
1987年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
1987年関西学生剣道選手権大会優勝 石田 洋二、3位 梶原 昌也
1988年全日本学生剣道優勝大会準優勝(団体)
1988年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
1988年関西学生剣道選手権大会優勝 友弘 浩二、3位 小林 憲和
1989年全日本学生剣道優勝大会3位(団体)
1989年西日本学生剣道優勝大会3位(団体)
1989年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
1990年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
1990年関西学生剣道選手権大会準優勝 山崎 慎也 
1991年西日本学生剣道優勝大会優勝(団体)
1991年関西学生剣道選手権大会準優勝 濱田 英徳
1992年関西学生剣道優勝大会3位(団体)
1992年関西学生剣道選手権大会優勝 久保 貴経、3位 内山 雅樹
1993年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
1993年関西学生剣道選手権大会準優勝 中尾 真吾
1994年全日本学生剣道優勝大会準優勝(団体)
1994年西日本学生剣道優勝大会優勝(団体)
1994年関西学生剣道優勝大会準優勝(団体)
1995年西日本学生剣道優勝大会準優勝(団体)
1995年関西学生剣道優勝大会3位(団体)
1995年関西学生剣道選手権大会優勝 清家 宏一、3位 佐藤 博光
1996年関西学生剣道優勝大会3位(団体)
1997年関西学生剣道優勝大会準優勝(団体)
1998年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
1999年関西学生剣道優勝大会準優勝(団体)
1999年関西学生剣道選手権大会優勝 古川 智司、3位 岡野 暁
2000年西日本学生剣道優勝大会3位(団体)
2000年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
2000年全日本学生剣道選手権大会3位 合谷 岳志
2001年全日本学生剣道優勝大会3位(団体)
2001年西日本学生剣道優勝大会準優勝(団体)
2001年関西学生剣道優勝大会準優勝(団体)
2001年関西学生剣道選手権大会優勝 古川 智司、3位 杉田 亮
2002年全日本学生剣道優勝大会3位(団体)
2002年西日本学生剣道優勝大会準優勝(団体)
2002年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
2002年関西学生剣道選手権大会3位 合谷 岳志 
2003年全日本学生剣道選手権優勝(団体)
2003年西日本学生剣道優勝大会3位(団体)
2003年関西学生剣道優勝大会準優勝(団体)
2003年全日本学生剣道選手権3位 藤田 啓介
2003年関西学生剣道選手権大会3位 藤田 啓介
2004年西日本学生剣道優勝大会優勝(団体)
2004年関西学生剣道優勝大会準優勝(団体)
2004年関西学生剣道選手権大会優勝 前田 量平、3位 佐賀 修
2005年関西学生剣道優勝大会準優勝(団体)
2005年関西学生剣道選手権大会準優勝 鳥越 洋毅
2006年西日本学生剣道優勝大会準優勝(団体)
2006年関西学生剣道優勝大会3位(団体)
2006年全日本学生剣道選手権優勝 大石 寛之
2007年全日本学生剣道優勝大会準優勝(団体)
2007年西日本学生剣道優勝大会3位(団体)
2007年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
2007年全日本学生剣道選手権3位 高橋 吉孝
2007年関西学生剣道選手権大会優勝 柴田 雄次
2008年西日本学生剣道優勝大会3位(団体)
2008年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
2008年全日本学生剣道選手権準優勝 大石 洋史
2008年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
2008年関西学生剣道選手権大会3位 福森 智之
2009年全日本学生剣道優勝大会準優勝(団体)
2009年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
2009年関西学生剣道選手権大会優勝 森原 諒
2010年西日本学生剣道優勝大会3位(団体)
2011年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
2011年全日本学生剣道選手権3位 加藤 正矢
2012年西日本学生剣道優勝大会準優勝(団体)
2012年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
2013年西日本学生剣道優勝大会優勝(団体)
2013年全日本学生剣道選手権3位 菊池 和史
2013年関西学生剣道選手権大会優勝 菊池 和史
2014年西日本学生剣道優勝大会準優勝(団体)
2014年関西学生剣道優勝大会準優勝(団体)
2014年全日本学生剣道選手権3位 今村 侑資
2014年関西学生剣道選手権大会3位 上原 裕次郎
2015年西日本学生剣道優勝大会準優勝(団体)
2015年関西学生剣道優勝大会準優勝(団体)
2016年全日本学生剣道優勝大会優勝(団体)
2016年西日本学生剣道優勝大会3位(団体)
2016年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
2016年関西学生剣道選手権大会準優勝 山田 翔
2017年西日本学生剣道優勝大会3位(団体)
2017年関西学生剣道優勝大会優勝(団体)
2017年関西学生剣道選手権大会優勝 野瀬 亮斗
2018年西日本学生剣道優勝大会優勝(団体)

練習施設

練習施設

第1体育館

1階が柔道場、剣道場、2階がバスケットボール専用フロアです。柔道場は国際規格に対応した畳を使用。クッション性が高く、安全性に優れています。また剣道場は素足での動作に適した床面構造です。バスケットボールコートは専用フロアとなっており、コートが2面とれます。
面積 2,883㎡
主な利用クラブ 柔道部(男子・女子)/剣道部(男子・女子)/なぎなた部/バスケットボール部(男子・女子)

第1体育館

1階が柔道場、剣道場、2階がバスケットボール専用フロアです。柔道場は国際規格に対応した畳を使用。クッション性が高く、安全性に優れています。また剣道場は素足での動作に適した床面構造です。バスケットボールコートは専用フロアとなっており、コートが2面とれます。
面積 2,883㎡
主な利用クラブ 柔道部(男子・女子)/剣道部(男子・女子)/なぎなた部/バスケットボール部(男子・女子)