スポーツ局ニュース

スポーツ局ニュース

バスケットボール部男子が『Ex-CROSS』で3×3の試合を披露

バスケットボール部男子が『Ex-CROSS』で3×3の試合を披露

バスケットボール部男子が『Ex-CROSS』で3×3の試合を披露

2月22日(金)・23日(土)の2日間に亘り、うめきたSHIPホール、UMEDAIガーデン(大阪市北区大深町4-1)において、体験型イノベーション・ショーケース『Ex-CROSS』(エクスクロス)が開催されました。
このイベントは、大阪商工会議所が企画・運営し、本所が参画する「舞洲プロジェクト」、「うめきた2期みどりとイノベーションの融合拠点形成推進協議会」の主催事業として実施されました。

初日には、鈴木大地スポーツ庁長官も駆けつけ、クロストークディスカッションに参加。鈴木長官は、スポーツ市場規模の数値目標を2025年までに15兆円と、現在の約3倍に引き上げるべく政策を進めていること。スポーツの価値が社会に貢献する場(Sports Open Innovation PlatformSOIP)を促進することなどについて説明しました。

また、うめきたUMEDAIガーデンで行われた3人制バスケットボール(3×3)「大阪エヴェッサ×KCAA ドリームマッチ予選会」に、本学バスケットボール部男子が参戦しました。この参加の背景には、本学も加盟し、本イベントの協力を行っている「一般社団法人大学スポーツコンソーシアムKANSAIKCAA)」からの要請にスポーツ局が応えたもので、この大会の決勝に残ればプロバスケットボールBリーグ所属の・大阪エヴェッサとの一戦が控えています。

その予選となる試合、対戦相手は大阪学院大学。開始早々、両者一歩も譲らぬ攻防戦を展開すると、取られては取り返し、取られては取り返しのシーソーゲームに。しかし残りわずか17秒のところで得点を許し、本学は残念ながら予選敗退となってしまいました。
それでもちびっ子をはじめとする集まった観客を沸かし、大学バスケの魅力を見ていただく機会となりました。

このイベントは、スポーツを核に音楽や映像等のエンターテインメントと企業のイノベーションとの融合により、スポーツの魅力や新たな楽しみ方、さらにはビジネスとしての可能性を体感することが趣旨。 スポーツクライミングやデジタル卓球PONG!PONG!、また車いすバスケットボールやサイクルサッカー・サイクルフィギュアなど、参会者が体験できる企画も多く、これまでチャレンジしたことのないスポーツや最新型スポーツに触れることができるきっかけとなりました。

Ex-CROSSを通じ、大阪からますますスポーツを熱く盛り上げることに期待したいものです。

Ex-CROSS』の詳しい情報はこちらから