スポーツ局ニュース

スポーツ局ニュース

「OUHSスポーツデー2019」開催

2月24日(日)、よく晴れた小春日和の中、本学の施設各所において「OUHSスポーツデー2019」が開催されました。

本学が毎年開催しているスポーツキャンプは、地域の小・中学生を対象に、本学教員・学生がさまざまな競技のトレーニング方法を教えることで、その競技の魅力やスポーツの楽しさを伝えるイベントとして認知されるようになりました。そのスポーツキャンプが、今年はスポーツ局との連携によりさらにパワーアップ。スポーツ局がめざす「地域社会の健康増進やスポーツ振興に資する事業の企画・推進を通じた拠点づくりの実現」を具現化するため、本学周辺地域へのスポーツを通じた社会貢献もテーマに行われました。

中央棟のある広場をメイン会場とし、イベントステージをはじめ、地元の名物ケータリングカーなどが多数参加。MCは、オリックス・バファローズのスタジアムDJや西宮ストークスのアリーナDJなどを歴任し、今シーズン徳島ヴォルティスのスタジアムDJを担当する平野智一さん。聞き覚えのある美声が場内に響き渡ると、集まった本学学生や地域の皆さんのボルテージが一気に高まります。

スポーツ局・浦久保和哉 統括ディレクターより開会の挨拶があった後、準備体操として「くまとりタピオ元気体操ひろめ隊」の皆さんによる「タピオ体操」を全員で元気に踊りました。また、メイン会場のステージには藤原敏司熊取町長も駆けつけてくださり、「このような素晴らしい会をみんなで楽しみましょう」と挨拶されました。

タピオ体操

タピオ体操

藤原敏司 熊取町長

藤原敏司 熊取町長

さらに、地元を代表して参加した「ゼッセル熊取ダンスクラブ」による独創的なダンスで魅了すると、本学からはなぎなた部がリズムなぎなたを披露。サッカークリニックなどに参加していた子どもたちなど、多くの見物客が楽しみました。

その他、企画としていくつかのブースが設けられました。大阪体育大学社会貢献センター運営の「OUHSスポーツキャンプ2019」では、本学の各種競技部による子ども対象クリニックや、中・高齢者向け健康増進プログラムを提供。大体大スポーツ局運営の「する!みる!ささえる!スポーツ体験コーナー」では、いろいろなスポーツを体験してみるコーナーや、体力測定コーナー、野菜350gを量ってみるコーナーなどを開催。また、キャンパス内を楽しく歩き回ってもらう企画として「宝探し ボーシャーの元気玉を探せ!」を実施。

子どもから大人までたくさんの方々が参加し、キャンパス内に隠された本学マスコットキャラクター・ボーシャーの元気玉を探すため、宝の地図を片手にキャンパス内を楽しみながら探索しました。

ラグビー場では、スポーツメーカー・ミズノ様のご協賛によるスポーツ体験コーナー「スポーツエクスペリエンス」が設けられ、参加者はサッカー、ラグビー、野球のゲームの挑戦。それぞれのゲームに設定された条件をクリアすると、オリジナルタオルがもらえるとあり、大人も子どもも夢中になって参加。見事クリアすると雄叫びを上げてプレゼントコーナーに駆け寄る姿が印象的でした。

スポーツエクスペリエンス

スポーツエクスペリエンス

スポーツエクスペリエンス

スポーツエクスペリエンス

また、スポーツデーと共に「全国スポーツアドミニストレーター会議」を開学50周年記念館(L号館)で同時開催。前半は基調講演として本学ハンドボール部女子・楠本繁生監督が登壇。後半は、本学のように学内にスポーツアドミニストレーターを配置する大学が複数参加し、公開ディスカッションが行われました。

全国大学アドミニストレーター会議 公開ディスカッションの様子

全国大学アドミニストレーター会議 公開ディスカッションの様子

さらに、テニス場では翌日より開催される女子テニス国際大会「富士薬品セイムス ウィメンズカップin大阪体育大学」の公開練習が、また、小4〜小6年生を対象にした「和歌山ゴールデンキッズトレーニング合宿」の最終日とも重なり、キャンパス内の各所においてさまざまな取り組みが行われた一日となりました。

「富士薬品セイムス ウィメンズカップin大阪体育大学」の公開練習風景

「富士薬品セイムス ウィメンズカップin大阪体育大学」の公開練習風景

土日の2日間で行われた「和歌山ゴールデンキッズトレーニング合宿」

土日の2日間で行われた「和歌山ゴールデンキッズトレーニング合宿」

今回のように、キャンパスを一般開放し、学生と地域の皆さんが共に楽しい時間を共にできることは、本学がめざす拠点づくりの一環であり、非常に有意義なイベントとなりました。

また、子どもたちが早い時期から新たなスポーツと出会うきっかけ作りにも貢献でき、体育専門大学としての意義も達成できたのではないかと振り返ります。

なにより晴天に恵まれたこの日、多くの方に気持ちよくスポーツに取り組んでいただけるイベントを無事開催できたことを糧に、本学では今後もこうした活動を積極的に行っていきます。