スポーツ局ニュース

スポーツ局ニュース

女子ハンドボール部、学生チームとして33年ぶりの日本選手権決勝進出!!

2019年インカレ7連覇を達成した「大阪体育大学女子ハンドボール部」は、
12月24日から広島県広島市で開催されている「令和元年度 第71回日本ハンドボール選手権(女子の部)」に学生チャンピオンとして参戦中です。

昨日の準決勝戦では、日本リーグ所属チーム「飛騨高山ブラックブルズ岐阜」に33対26で勝利し、本日の決勝戦進出を決めました!
学生チームの決勝戦進出は33年ぶりです。

本日は、チームプレイヤーの半数が本学OGが占める日本リーグ所属チーム「北國銀行ハンドボール部Honey Bee(ハニービー)」と対戦します。
北國銀行は、国民体育大会10回、日本ハンドボール選手権大会3回、日本ハンドボールリーグ5回、社会人大会7回、合計25回国内優勝、本年熊本で開催された「2019女子ハンドボール世界選手権大会」の「おりひめジャパン」メンバーも多数擁し、
2018-2019シーズン「国体・リーグ戦・社会人大会」の三冠達成、日本リーグプレーオフ5連覇を達成している日本ナンバーワンの強豪チームです。

明日の決勝戦に向けて、キャプテンの秋山静香選手(体育学部4年)は、「こういう大舞台で戦えるということを、自分のプレイを思い切ってできるよう一生懸命頑張ります。」と力強く応えてくれました。

楠本繁生監督は、「北國銀行は、日本代表選手8名で、本学の卒業生も大半なので厳しい試合となると思う。理想は立ち上がり10分をリードして、相手を慌てさせるようなゲームをしたい。60分のゲームをチーム全員で戦いにいく。折角、決勝戦まで進出したので、あと一試合、チャレンジします!」
と、試合後、明日への決意を語っていました。

本日28日(土)15時からの決勝戦は、「日本ハンドボール協会公式Youtubeチャンネル」でインターネットライブ中継の予定です。

学生チャンピオンの「大阪体育大学女子ハンドボール部」が、社会人チームに挑む日本選手権、ぜひとも「大阪体育大学女子ハンドボール部」を応援ください!

詳しい昨日の準決勝の戦況はこちら

大阪体育大学女子ハンドボール部の「高松宮記念杯女子第55回 令和元年度全日本学生ハンドボール選手権大会(インカレ)」7連覇の速報記事はこちら