クラブ紹介

クラブ紹介

クラブ理念

クラブ理念

より高みを目指した競技実践と、より深い理解を目指した研究活動に
誇りを持って創造的に挑戦し、部員の全人的成長を促進する。

行動指針

クラブ組織の発展を目指すという共通の目的のもと、各部員が体操競技の実践と研究に全力て取り組み、その過程において仲間とともに自己研鑽に励む。

部長・監督・コーチ・スタッフ

部長・監督・コーチ・スタッフ

部長
田原 宏晃
HIROAKI TAWARA

本学体育学部講師。1974年12月13日生まれ。広島市立沼田高等学校(体育コース1期生)から大阪体育大学体育学部、大阪体育大学大学院へ進学。2002年より大阪体育大学の教員として教鞭をとっている。主として器械運動(実技)を担当。 
学生時より携わっていたトップスポーツクラブでの指導を基礎とし、大学就任後コーチとして、その後2008年~2013年まで男子監督、2017年より女子監督を務めている。部長は2011年より。

監督
藤原 敏行
TOSHIYUKI FUJIHARA

大阪体育大学大学院博士前期課程修了後、カナダのアルバータ大学で博士号取得。地元の体操クラブで競技指導にも従事し、ナショナル選手を育成した。2011年に大阪体育大学着任。監督を務める男子体操競技部は2018年の全日本学生体操競技選手権2部で優勝し、着実に競技力を向上させている。

コーチ
佐藤 寿治
TOSHIHARU SATO

1969年3月19日生まれ。船橋市立船橋高校、日本大学文理学部卒。1987年からナショナル強化指定選手に選出され、ソウルオリンピックに出場。団体総合銅メダルを獲得。その後バルセロナ大会、アトランタ大会と日本代表選手となる。世界選手権では1995年日本(鯖江)大会で団体銀メダルを獲得。1998年に現役引退し、日本体操協会男子体操競技強化スタッフ及びジュニア強化部員に就任。オリンピック代表をはじめとする日本代表選手輩出に携わる選手強化コーチを経て、2019年8月より本学体操競技部(男子)特別強化コーチに就任。

スポーツメンタルトレーニング指導士
柄木田 健太
KENTA KARAKIDA

1992年3月14日生まれ。近畿大学附属高等学校から近畿大学卒業後、本学の大学院に進学。2017年日本スポーツ心理学会認定メンタルトレーニング指導士取得。

スポーツメンタルトレーニングチーム
三井 みのり
MINORI MITSUI

1995年5月26日生まれ。東海大学体育学部競技スポーツ学科卒業後、本学の大学院に進学。2018年度より本大学のSMTチームに所属。

スポーツメンタルトレーニングチーム
中内 真悠
MAYU NAKAUCHI

1996年9月8日生まれ。安城学園高等学校から大阪体育大学卒業後、本学の大学院へ進学。2019年度より本大学のSMTチームに所属。

主務
坂井 亮介
RYOSUKE SAKAI

学部学科:体育学部スポーツ教育学科
出身校:神奈川県立荏田高等学校
身長/体重:164㎝/57㎏
プレースタイル:自由
尊敬する選手/人物:尾田栄一郎
好きな言葉/座右の銘:自由奔放
主な戦績:なし
一言:主務として部をしっかりとまとめます。

監督のことば

監督のことば

選手個々の能動的で自律的な取り組みにより、全員が明らかな成長を遂げる

大阪体育大学男子体操競技部は、競技をするということが前提にあり、目指すところは日本一、世界一です。ここは真剣に体操競技に向き合いながら、さらなる高みを目指して、自己の可能性に挑戦し続ける競技者が集まるクラブです。そこにプライドを持ち、自分自身が、またクラブ全体がより高いレベルへ向上できるように、全力で取り組んでいきましょう。
また、大阪体育大学は体育・スポーツ学の教育研究機関として、理論に裏付けされた実践を目指しています。常に学ぼうという姿勢を持ち、その学びを自らの競技実践に活かすと同時に、卒業後も長期間に渡って成長していくための土台にしましょう。
体育大学の学生として学びを深めながら競技やスポーツに打ち込むことができるのは、家族はもちろん多くの関係者が競技生活をサポートをしてくれてるおかげです。恵まれた環境で自分の意志で競技生活に没頭できることへの感謝の気持ちを、日々のトレーニングの質向上に繋げ、より高いレベルの選手を目指してください。
これらの方針のもと、選手個人が能動的で自律的な取り組みを行い、年間を通じた質の高いトレーニングおよび研究活動によって、所属選手全員が大阪体育大学で明らかな成長を体現することを、男子体操競技部の目標にしています。

概要・沿革

概要・沿革

クラブ概要

名称 大阪体育大学学友会体操競技部(男子)
創部 1965(昭和40)年4月
所属 全日本学生体操競技連盟(1部)
所在地 〒590-0496 大阪府泉南郡熊取町朝代台1-1 大阪体育大学内
所属部員数 29名(2019年4月現在)

 

沿革

1965年創部
1971年全日本学生体操競技選手権大会(2部) 団体優勝 1部昇格 1996年まで25年間1部校として全国的に名を馳せる。最高順位は6位(5回)。関西学生体操競技選手権大会においても同年に団体初優勝、その後通算39回の優勝を誇る。
2007年2部準優勝で11年ぶりに1部復帰し、5年間1部校として戦う。最高順位は9位。
2018年2部優勝、1部復帰を果たす。
2019年関西学生体操競技選手権大会において団体総合14連覇。
関西学生体操競技選手権大会においては1971年に団体初優勝、その後通算39回の優勝を誇る(2019年現在まで14連覇中)。

練習施設

練習施設

第3体育館

国際基準の競技設備に加え、あん馬以外全ての種目において安全に練習ができるピットが完備され、ジュニア選手も段階的な練習を行いやすい様々な練習器具やタンブリングトランポリンも揃った日本トップレベルの施設環境です。さらに遅延再生アプリを備えたiPadが15台以上稼働し、常に自身の動きを確認しながら練習を行うことが可能です。さらに、スポーツ科学研究を生かした独自の測定評価システムも設置されており、あん馬とつり輪においては既に日常的なトレーニングや研究活動において活用されています。

第3体育館

国際基準の競技設備に加え、あん馬以外全ての種目において安全に練習ができるピットが完備され、ジュニア選手も段階的な練習を行いやすい様々な練習器具やタンブリングトランポリンも揃った日本トップレベルの施設環境です。さらに遅延再生アプリを備えたiPadが15台以上稼働し、常に自身の動きを確認しながら練習を行うことが可能です。さらに、スポーツ科学研究を生かした独自の測定評価システムも設置されており、あん馬とつり輪においては既に日常的なトレーニングや研究活動において活用されています。

第3体育館

国際基準の競技設備に加え、あん馬以外全ての種目において安全に練習ができるピットが完備され、ジュニア選手も段階的な練習を行いやすい様々な練習器具やタンブリングトランポリンも揃った日本トップレベルの施設環境です。さらに遅延再生アプリを備えたiPadが15台以上稼働し、常に自身の動きを確認しながら練習を行うことが可能です。さらに、スポーツ科学研究を生かした独自の測定評価システムも設置されており、あん馬とつり輪においては既に日常的なトレーニングや研究活動において活用されています。