クラブ紹介

クラブ紹介

クラブ理念

クラブ理念

体操競技を通じて自己研鑽を図り、弛まぬ努力の先にある目標の達成を、これからの人生の糧とする。

行動指針

クラブの目標、個人の目標を達成する為に、「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」お互いを支え、信じ、日々精進する。

部長・監督・コーチ・スタッフ

部長・監督・コーチ・スタッフ

部長・監督
田原 宏晃
HIROAKI TAWARA

本学体育学部講師。1974年12月13日生まれ。広島市立沼田高等学校(体育コース1期生)から大阪体育大学体育学部、大阪体育大学大学院へ進学。2002年より大阪体育大学の教員として教鞭をとっている。主として器械運動(実技)を担当。 
学生時より携わっていたトップスポーツクラブでの指導を基礎とし、大学就任後コーチとして、その後2008年~2013年まで男子監督、2017年より女子監督を務めている。部長は2011年より。

コーチ
西嶋 加寿子
KAZUKO NISHIJIMA

大阪体育大学 非常勤講師

バレエ講師
籔内 智子
TOMOKO YABUUCHI

L'union Ballet(ルニオンバレエ)主宰

ダンス講師
有田 加陽子
KAYOKO ARITA

ゼッセル熊取ダンススクールより派遣

選手・コーチ
竹内 友美
TOMOMI TAKEUCHI

現職:大阪体育大学教務補佐
出身大学:大阪体育大学
出身校:夙川学院高等学校(兵庫県)
出身クラブ:大阪青山体操クラブ

選手・主務
赤塚 晴菜
HARUNA AKATSUKA

クラブ役職:女子主務
学部学科:体育学部スポーツ教育学科
出身校:滋賀県立大津高等学校
出身クラブ:びわこクリーンJr体操クラブ

副主務
野玉 みのり
MINORI NODAMA

クラブ役職:女子副主務
学部学科:体育学部スポーツ教育学科
出身校:滋賀県立草津東高等学校
出身クラブ:栗東体操クラブ

監督のことば

監督のことば

自分が描く、理想の体操競技の花を咲かせる4年間に!

幼い頃から体操競技に親しみ、様々な経験と苦労を重ねて大阪体育大学体操競技部の一員となった選手たちには、この場所をこれまでの競技生活のひとつの集大成と捉え、自身の目標に向かって全力で取り組んでもらいたいと思います。これまで支えてくれた親や指導者、仲間など関わった全ての方々に感謝し恩返ししてください。
そして、体操競技と出会って以来、これまで続けてきた地道な練習を基にし、大阪体育大学でそこに体育・スポーツの専門大学だからこそ得られる知見を加えて、自分が描く理想の競技スタイルを確立してください。ここでの経験をこれからの人生を歩むうえでの糧とし、多くの人たちに伝えられるような社会人へと成長してもらいたいと思います。

概要・沿革

概要・沿革

クラブ概要

名称 大阪体育大学学友会体操競技部(女子)
創部 1965(昭和40)年4月
所属 全日本学生体操連盟
所在地 〒590-0496 大阪府泉南郡熊取町朝代台1-1 大阪体育大学内
所属部員数 16名(2019年4月現在)

 

沿革

1965年創部
2005年関西学生体操選手権大会 団体優勝(初)
2006年全日本学生体操競技選手権大会2部 団体優勝 (1部昇格 ※創部以来初)/関西学生体操選手権大会 団体優勝
2007年全日本学生体操競技選手権大会1部 団体6位/関西学生体操選手権大会 団体優勝
2008年全日本学生体操競技選手権大会1部 団体10位(2部降格)
2010年全日本学生体操競技選手権大会2部 団体優勝(1部昇格)/関西学生体操選手権大会 団体優勝
2011年全日本学生体操競技選手権大会1部 団体7位
2012年全日本学生体操競技選手権大会1部 団体5位/西日本学生体操選手権大会 団体優勝(初)/関西学生体操選手権大会 団体優勝
2013年全日本学生体操競技選手権大会1部 団体3位
2014年全日本学生体操競技選手権大会1部 団体4位
2015年全日本学生体操競技選手権大会1部 団体8位
2016年全日本学生体操競技選手権大会1部 団体10位(2部降格)
2017年全日本学生体操競技選手権大会2部 団体2位(1部昇格)
2018年全日本学生体操競技選手権大会1部 団体8位
(椋本啓子)2008年より院生
2004年2004 環太平洋体操競技選手権大会 個人11位
2007年第40回世界体操競技選手権大会 団体12位、個人36位/2007ウクライナ国際体操競技会 個人優勝、団体3位/北京国際招待(北京プレオリンピック) 平均台6位/2007オーストラリア招待 団体2位、個人15位/第61回全日本学生体操競技選手権大会(1部)個人優勝、種目別全種目優勝
2008年豊田国際競技大会 跳馬優勝、段違い平行棒優勝/2009日米友好対抗戦 団体2位
(ダンコ絵里香リン)
2012年第5回アジア体操競技選手権大会(シニア) 団体3位、平均台7位

練習施設

練習施設

第3体育館2F

国際基準の競技設備に加え、あん馬以外全ての種目において安全に練習ができるピットが完備され、ジュニア選手も段階的な練習を行いやすい様々な練習器具やタンブリングトランポリンも揃った日本トップレベルの施設環境です。さらに遅延再生アプリを備えたiPadが10台以上稼働し、常に自身の動きを確認しながら練習を行うことが可能です。さらに、スポーツ科学研究を生かした独自の測定評価システムも設置されており、日常的なトレーニングにおいて活用されています。

第3体育館2F

国際基準の競技設備に加え、あん馬以外全ての種目において安全に練習ができるピットが完備され、ジュニア選手も段階的な練習を行いやすい様々な練習器具やタンブリングトランポリンも揃った日本トップレベルの施設環境です。さらに遅延再生アプリを備えたiPadが10台以上稼働し、常に自身の動きを確認しながら練習を行うことが可能です。さらに、スポーツ科学研究を生かした独自の測定評価システムも設置されており、日常的なトレーニングにおいて活用されています。

第3体育館2F

国際基準の競技設備に加え、あん馬以外全ての種目において安全に練習ができるピットが完備され、ジュニア選手も段階的な練習を行いやすい様々な練習器具やタンブリングトランポリンも揃った日本トップレベルの施設環境です。さらに遅延再生アプリを備えたiPadが10台以上稼働し、常に自身の動きを確認しながら練習を行うことが可能です。さらに、スポーツ科学研究を生かした独自の測定評価システムも設置されており、日常的なトレーニングにおいて活用されています。